近藤です!

コピーライティングって聴くと、難しい〜〜ってイメージがないですか?今回は、ブログやセールスレターに重要な、コピーライティングについて。

近藤
コピーライティングとは?

 

 コピーライティングとは?

 

 

コピーライティングとは、売れる文章を簡単に言うと書くスキル】です!。普通に文章を書くことは、小学生でもできますよね…?

 

でも、【売れる文章を書くとなると】、そうそう簡単に書けるものでもないですよね?簡単に書けるなら、みんな億万長者に…なれますよね!

小学生
売れる文章?

 

書けるようになったら、あれも、これも、心理学と脳科学を駆使して、人の感情を揺さぶるわけですよ。

 

だって売れる文章が書けるんだもん。それだけで価値がある人のです。

 

【売れる文章を書くスキル】をつけるには、どうすればいいのか?

 

一度、手に入れてしまえばものすごい武器です。

 

ただ、闇雲に書いても文章ごと、「ゴミ箱にカップイン」コトンってことになりますね

 

では、うまくゴミ箱行きを回避する方法?

 

コピーがうまくなる方法は今の私にはありません。けど何か?

 

方法は、私なりにまとめてみました。

 

①とにかく、文章を書くことから始める

 

近藤
ハーァ?

 

「おい…書くことから始める…」はぁ〜〜と思ったあなた?

 

とにかく、書かない事には始まりません。

 

 

 

下手でもいいから、ゴミ箱にカップインかもしれないけど、まずは書かないとですよね。

 

 

 

 

ハイ、どんどん、カップインしちゃいましょう!OBしちゃってもいいんです。ムム!いいんです!

 

 

②【書く事で、毎回壁を越える自分に出逢う】

 

コピーライティングがうまい人も、最初から上手ではないですよね?

 

だから、まずは書くしかないんです。ゴミ箱にカップインして、少し上達、また上達、カップインして上達の繰り返しなのです。ハイ

 

書いて、書いて、紙が擦り切れるくらい書いて初めてうまくなるのかなと思います。

 

③コピーの上手い人のコピー【パクる】【真似る】完全コピーは、ダメですけどね。

 

④本やブログやメルマガを読んで、文法や接続詞や比喩を学ぶ。

 

ただ、文法や接続詞や比喩を学ぶだけでは、ダメで、文章にストーリーがないと、読まれないですけどね〜〜

 

ストーリーテリングとは?

 

ストーリーテリング

「ストーリーテリング」とは、伝えたい思いやコンセプトを、それを想起させる印象的な体験談やエピソードなどの“物語”を引用することによって、聞き手に強く印象付ける手法のことです。抽象的な単語や情報を羅列するよりも、相手の記憶に残りやすく、得られる理解や共感が深いことから、企業のリーダーが理念の浸透を図ったり、組織改革の求心力を高めたりする目的で活用するケースが増えていま

 

まとめ

 

コピーライティングを意識しながら、最初は誰だって下手ですよ。でも書くたびに上達して来ます。書けば書くほど味が出るので、コピーにも人間性やオリジナリティが出て来ます。

 

とにかくゴミ箱にインして書くそしてまたインする。

【凡事徹底】誰にもできる事をできないくらいやり続けるです!!