どうもコンドウです。

LINE@のリスト(読者さん)が少なくて困っていませんか?数が少なくてもファンを増やす方法をお伝えします。

ビジネスを支えるONEtoONEの考え方!パーソナライズを意識せよ!!

パーソナライズとは?

個人的なものにすること。個人に応じて変更したり作り変えたりすること。インターネットなどを通じて各ユーザーの情報を取得・解析し、その人に合った広告を配信したり、商品やサービス、コンテンツを紹介したりすること。

 

どうゆう事かと言うと、今までは大手企業がテレビCMをガンガンに企業が広告を出して、ブランド力を作っていました。資金力のある企業だけが、テレビCMを独占していました。


ですが、インターネットの普及やスマートフォンを各個人で持てる時代になって来たので、テレビをみる習慣がなくなって来ている→視聴率が下がる→広告主もTV離れしていく。

 

テレビ業界も大企業もネットの中に広告を出したり、インターネットTV(amebaTV)や民放のネットTV(ティーバー)やパラビなとインターネットの世界に、シフトされています。

近藤
1対1のビジネスが有効です


LINEというツールを使う事で、1対1のやり取りが可能になったので、個人感で悩みの相談もできる訳です。
(LINE@に関しては後半)

 

スマートフォンが普及された事で、劇的に未来が変わって来ているので今まで通りでは、うまく行かないのは当たり前です

 

ネットビジネスをやっている人にも変化?

写真は人間の進化ですが、スマホの劇的な進歩に。。。もう雇われて仕事したくないという人。今からネットビジネスを始める。サラリーマンをやめて独立しよう。と参入者が増えて来ていると思います。これからも増えると思います。

 

(今、有効求人倍率を見てもそうですが、今年なんか1.6倍なのにハローワークにいけば沢山の離職者の山ですよ)

 

 

その背景には、政府も副業を斡旋が大きいと思います。まぁ国はもう面倒を見れないので生活は自分の力で運用してね。と言わんばかりです。

 

まっ私もそんな中の一人なんですけどね笑

 

人口の減少(確定値)・総務省人口推計

 


こちらは、総務省人口の推移(確定値)です。

何かというと、人口が減少してくるのは、目に見えています。そんなにポコポコ子供が生まれる訳もないし、人が増える訳でもない。

税金はどこから??とるの???それは取りやすいサラリーマンからですよ。税収も下がる訳ですから。国も対策を打たなくてはいけませんよね

なので副業を国が斡旋してるのです。

 

経済産業省の有識者研究会が検討してきた「人生100年時代」の望ましい社会人キャリア像についての提言案が分かった。技術の急速な変化に伴ってスキルの賞味期限が短期化し、一つのスキルで長く活躍するのは困難だと指摘。兼業や副業、出向の機会を増やし、個人が自ら複線的なキャリアを形成できるようにすべきだと提言する。3月までに公表する。

日本経済新聞社記事一部引用


人生80年だったのに。。。いつの間にか100年時代になっているけど。。。経済産業省も提言すると言っているのだからこれからは、副業、兼業が当たり前になるでしょう!!

 

めんどくさーいいという所から目を背けるんではなく、めんどくさいことをあえてやってあげるので、価値を感じてくれ一人のファンになってくれるのです

 

LINEの日本国内解説数

 

スマホ開設数国内「7700万人」=line(ラインアプリの登録者数)国内に7100万人以上

 

日本の総人口1億2682万人

 

日本の人口の56%以上が使用している計算になります」

 

毎日LINEを利用しているユーザーは74%と驚異的な数字がでています。

 

人口が減少していても、ラインなしでは生活できないでしょう。

 

SNSユーザー比べても圧倒的な数字

 

  • フェイスブックユーザー2800万人
  • ツイッターユーザー4000万人
  • インスタグラムユーザー2000万人
  • LINEユーザー7100万人以上


他のSNSと比べても圧倒的にLINEが日本国内の(生活のインフラ)になっている事がわかりますよね!
ラインユーザーに届けない手はない!!と思いませんか?

 

LINE@をどう活用すればいいのか?

 

 

それは、LINE特有の気軽さがあげられます。無料で文章を送ったり、通話したりできますよねLINE@は商業ようなので、商品やコンテンツ、サービス販売するのが、目的ですよね。

 


特に小規模店舗や、個人事業主の方は使わないてはありません。

 


少しLINE@の機能をご紹介!!

 

①メッセージ機能

管理画面からメッセージを作成し、友だちになってくれたお客さまやファンに一斉配信することができます。配信の事前予約も可能なので、キャンペーンやイベントに合わせてご利用いただけます。

 

1対1トーク機能

お客さまやファンと1:1でトークをすることができます。お客さまやファンがLINEから直接コミュニケーションすることができるため、各種お問い合わせなどを手軽にやり取りすることが可能になります。


つまり、1対1で直接コミュニケーションが取れるという利点を活用しない手はありません。コミュニケーションが取れるという事は、直接悩みや困っている事を解決できるのです。

 


昔、ダイヤル電話の時に、彼女に電話して父親が出て来て(君は〇〇のなんだ?)って父親に詳しく聞かれませんでしたか

 

近藤
プルプル。。。お父さん出んといてや。。。

 

と昔のダイヤル電話あるあるを思い出しますが。。。これは携帯電話がない二十歳の時!!

 

 

話するだけでも昔は。。。かなり勇気が入りましたが、今は一人1台なんですよ。


例えば、このイタリアン食べに行きたいんだけど、と言われたらパパッとネットで検索して→ブログのリンクをラインに貼り付ける。(ネットリテラシーが高い人はモテます)

 

好きな人を落とすときは、めんどくさい事しませんでしたか?


話は脱線しましたが、この1対1機能を使うのです。

 

パソコンやスマホの操作が分からない?YouTubeで画面キャプチャーを取ってあげて説明してあげたら、ものすごく感謝されませんか?


しかも親近感が湧いて、ファンになってくれるのです。

 

LINE@YouTubeの活用はオススメです!!

 

詳しくは、こちらへ!!

友だち追加