長時間ぬるい湯につかって気持ちええなぁ!

 

ぬるま湯に浸ってて気持ちいいなぁ〜
いい湯だなあははん〜

ぬるいお湯に長時間入浴すればどうなるか?

 

動画講義1

 

 

 

 

ゆでガエル理論とは?

 

 

 

《ゆでガエル理論とは?》
熱いお湯にカエルを入れると驚いて飛び跳ねる。ところが常温のお水に入れ、徐々に熱していくとその水温に慣れていく。そして熱湯まで上昇した頃には、跳躍をする力を失い、飛び上がる事ができずに茹で上がってしまうというもの

 

こうなると向上心は無くなり、将来の事を考える事すら放棄してしまう

嫌なことから目をつぶり、上司に嫌みやきつい事を言われても我慢するという人が多い!

部下がどんどん出世しても気にせず、給料をもらうだけの仕事をする事になります。

このような働き方をして入れば、独立してもっと稼ぎたい、夢を叶えたい

希望を持たなくなりますよね。

末期症状です!

 

特に40代のサラリーマンが動きが鈍く感じるのだ!

 

今まで、50歳から60歳の人の後ろをみて仕事をしてきたので
いう事を聞いとけば大丈夫だと思い込んでいるのではないか?

 

ゆでガエル世代の真似をすると危険信号

 

超タブー危険ワード6つ

  1. 何年かしたら定年だから大丈夫!
  2. 大企業だから潰れることはないから大丈夫!
  3. 福利厚生があるから大丈夫!
  4. 次行く会社がないけど後少し我慢すればいいから大丈夫! 
  5. 国がなんとかしてくれるから大丈夫!
  6. 俺アナログだけど不自由してないから大丈夫!

何も考えず、ただただ身を任せるだけの諦めリーマンは多くないだろうか?

50歳〜60歳代が多いように感じる。気のせい?

40代のサラリーマン諸君それで本当にいいのか?

茹であがる前に会社以外の世界を見ようよ!

 

40代は動こうとしない人が多いのはなぜか?

 

 

人口統計を見てもわかるように、ちょうど親や先輩は50歳後半から65歳くらいが多い
いわゆる団塊ジュニア世代なのである!

 

 

《団塊ジュニアとは?》
1970年生まれを「団塊ジュニア」と呼ぶ。これは、第二次ベビーブームに当たる1970年代前半生まれと、団塊の世代の子供の中心に当たる1970年代後半生まれの事をいう

 

 

親・学校・先輩の影響をもろにうけているから!

 

  1. 親のいう事を聞いておけば問題ない
  2. 学校で真面目に勉強すればいい大学に入れる
  3. お金を稼ぐのは悪だ!
  4. 汗水たらせばお金は稼げる
  5. 汗水垂らしたくなければいい大学へ
  6. 昔はよかった
  7. バブルの頃は本当によかった

 

このようなキーワードは要注意

 

どうすればいいか?

 

  1. サラリーマンだけでは限界・副業しよう
  2. ネットで探せば情報は得れるので情報収集
  3. スマホ・パソコンがあれば稼げるのでまず行動
  4. リアル・ネット両面からビジネスも考えるべし
  5. 副業・独立を考えて行動するべし

 

 

まとめ

 

茹でガエル世代のいう事は過去の産物である。

己の目で外をみて稼げる40代団塊ジュニア世代動こう!!
ネットビジネスで稼げる情報はたくさんあるので

目を背けず、めんどくさがらずまず副業から始めてみよう